So-net無料ブログ作成
検索選択

刈谷梨、当たったどー!!!! [ゴスペラーズ]


毎年恒例の「ゴスモバイル」酒井梨店、抽選のお知らせ。

やったどー[exclamation×2][exclamation×2][exclamation×2][exclamation×2]

えっと、何年越しの応募でしょうかね?
未だ、半信半疑でございます。

酒井梨店「豊水梨」当選!!!

本当は「幸水」が良かっ…、いえ、何でも有りません。

お金は今日、振り込んできました。届くのが楽しみです♪


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

頭に浮かぶ風景 [真剣に語ってみる]

何故か、この日になると思い出の様に浮かぶ風景が有る。

季節は夏。朝から蝉の声が煩くて、尚更暑く感じる。
家を出て、学校に向かって歩きだそうとしている。

見上げれば雲一つない青空。
今日も暑い一日になりそうだ…なんて感じていると、ふと空で何かが光ったような気がした。
その途端に、凄まじい閃光が広がり、頭の風景は途切れる。


もちろん、66年前のこの日、私のまだ産まれてはいない。
そもそも両親が、まだ3才の頃の出来事だ。
当時としては晩婚だった二人だが、早婚だったとしても幼児では話は変わりはしない。
ましてや幼すぎた上に、宮城県生まれと三重県生まれの両親は、実際には「その日」を見た訳でもキノコ雲を見た訳でもない。
愛知県生まれの私に、直接的な「被爆者」の知り合いは一人もいない。

きっと頭の中の風景は、ドラマなどで繰り返し使われたシーンがいつの間にか刷り込まれたものなんだろう。

戦争中とはいえ、その時代の人にとっては日常の始まりだったはずの朝。
たった一つの「思いがけない威力を持った爆弾」が、一瞬にして周りの世界を変えた。

一瞬にして命を失った人。
熱さと火傷や怪我に苦しみながら死んでった人。
長い事、放射能の影響に苦しめられた人。

そして、彼らの苦しみはまだ続いている。

それなのに、戦争は無くならない。

そして戦争をしてない筈の日本は、人の快適な暮らしを支えるはずの道具が、今、放射能を周りに放出している。
元々、原発の危険性は作られる時点で論じられて来ていた。
しかし、時代は原発推進の方向に進んで行った。
そして、その結果が最悪な方向に進もうとしている。

ヒロシマの映像を見て、思わず問いかけた。
「貴方達から見て、この現状をどう思いますか?」
もちろん、彼らの声が聞こえたとしても、良い答えは望めないだろう。

過ちは二度と繰り返さないと言ったじゃないか!

そんな声が聞こえたような気がしたのは、気のせいでは無いかもしれない…。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤング ハピバ!!! [ゴスペラーズ]



おめでと!ヤング!!!

…軽いノリで始めてしまいましたが。

えっと、幾つになったんだっけ?(爆)

って嘘々!!ちゃんと覚えてるから!!
自分の歳を思い出したくないだけだから、勘弁して!
3連発でお祝いした人たちより、3歳若い事は分かってるから!!

それでも、未だに「ヤング」って呼んじゃうんだよね。
最近はライヴ恒例のオンステージのせいで、「ユタカ」呼びも慣れてきたけど。

生き生きとライブで動き回る貴方を見てると、「まだまだ若いな!」って思っちゃうけど
語る言葉を聞くと、やっぱり歳相応(それ以上?)の大人の男性だなって思っちゃう。

今年も会いに行くよ!
…ってもうすでに何回も生で観てるんだけどね(笑)。

岐阜まで行くから。楽しみにしてるよ。
そしてまた、素敵な詩を私たちに届けてください。

今日が貴方にとって素晴らしい日になりますように。

最後に改めて…

誕生日おめてとうございます!安岡優さん!


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あの、熱かった夏を覚えてる [その他]


信じてた。いや、信じたかった。絶対、生きて帰ってくるって。

マイアミの奇跡も、日韓ワールドカップも経験した男が、こんなに簡単に逝く訳ないって…。

遠目からでも分かる長めの髪を留めたバンド(?)が印象的で、顔を覚えるのが苦手な私がすぐ覚えた選手。
熱意が画面からでも伝わってきた。

あのトルシエ「出さなきゃ殺す」ってオーラを感じるなんて言わせた男。
残念ながらジーコとは波長が合わなかったみたいだけど…。

気性が激しい為、退場処分が大久保に次いでJリーグ史上第2位なんて話も聞いたっけ。

でも面倒見が良い事でも知られていたよね。
ファンにも愛されてた。マリノスから離れる時のサポーターの嘆願署名は2万を超えてた。

沢山の同胞が見舞いに駆け付け、目を真っ赤にしているのが、事の深刻さを感じさせた。

ねぇ、まだ早すぎたよ。皆、待ってたんだよ。
だって、こんなに若いじゃない。

…でも精いっぱい頑張って生きようとしたんだよね。
お疲れ様でした。ゆっくり休んでね。
そして、天国から日本代表やJリーグを叱咤激励してください。

心からご冥福をお祈りいたします。

松田選手、どうか安らかに…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。